DHCレチノAエッセンスの成分と効果

DHCレチノAエッセンスの成分は何が使われているの?

DHCレチノAエッセンスはとても長く売れていますが、どんな成分が入っているのでしょうか?
調べてみました。

 

まず、外せないのがレチノールです。

 

レチノールはビタミンAの一種で、肌のターンオーバーを整える働きを持っています。

 

加齢により、ターンオーバーの周期がだんだん乱れている方も多いと思います。

 

また、ピーリングの作用もあります。

 

さらに、コラーゲンやエラスチンの生成を促す働きもあります。

 

コラーゲンもエラスチンもどちらも肌を作っている重要な成分です。

 

これらの生成を助けるということは、つまり、肌のハリがアップすることにつながるのですね。

 

だから、レチノールはしわ、たるみ、しみ、ニキビ跡、目の下のクマに効果があると言われています。

 

また、レチノール配合の化粧品がとても多いですね。

 

先ほどの効果を期待してのことです。

 

ただ、少し注意が必要なのが、レチノールは不安定な成分だという点です。
なので、DHCのレチノAエッセンスは金属製のチューブに入っていて、それに差して開ける形になっているのですね。

 

言ってみれば薬の容器のようなものを想像していただけると良いかと思います。

 

そのようにして、成分が劣化しないように工夫しているのです。

 

他にはプラセンタやオリーブバージンオイルが入っています。

 

これらの成分がしわやたるみに効くと言われています。

 

ただ、レチノールは、レチノイン酸よりは効果が低いと言われています。

 

それならばレチノイン酸を使った化粧品を販売すれば良いのにと思うかもしれませんが、レチノイン酸は医師の処方がないと使えない成分です。

 

それはどういうことかというと、それだけきつい成分で、使うときに少し注意が必要、でも効果があるということです。

 

なのでレチノール入りのDHCのレチノAエッセンスを使用しても劇的な効果があるかどうかは使ってみないとわかりません。

 

DHCと同じレチノールを配合して、成分の吸収力を高めたものが、ビーグレンのレチノAです。

 

ビーグレンのコンセプトは浸透力なので、成分の浸透にはプライドを持っています。

 

このクリームはまだ発売されて間もないですが、トライアルがあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?